脂性肌のお手入れ

オイリー肌の人が肌のバリア機能を高めるためには、まずは何故皮脂が過剰に分泌されるのかを突き止める必要があります。皮脂はニキビの原因になるとされていますから、悪いものだと捉える人も多いです。しかし皮脂は本来、肌表面を守るバリアでもあるのです。

洗顔肌は常に適度な油分が浮いている状態が望ましいとされています。問題なのは皮脂がある事ではなく、その量です。皮脂が過剰に分泌される原因は、大きく分けると年齢によるものスキンケアによるものに分類されます。

思春期でオイリー肌になっている場合は、とにかくこまめに洗顔をし、肌を清潔に保つ事です。しかし既に思春期を過ぎている場合は、洗顔のし過ぎが皮脂の過剰分泌を促している場合もあります。オイリー肌だと皮脂を悪いものと捉え、必要以上に洗顔をする事があります。

皮脂は肌を守るものですから、不足すると体は分泌しようと働きかけます。過剰な洗顔で必要な皮脂まで洗い流してしまうと、体は余計に皮脂を出します。これが皮脂の過剰分泌に繋がります。防ぐためには保湿が大切です。肌を乾燥させないよう水分をたっぷり補給し、蒸発を防ぐために乳液などの油分で肌に蓋をします。これでオイリー肌が改善され、肌のバリア機能も向上する可能性があります。

乾燥肌のお手入れ

乾燥肌の人がバリア機能を向上させるには、とにかく保湿をする事です。洗顔後はすぐ化粧水で水分補給し、乳液やクリームなど油分のある化粧品で水分蒸発を防ぎます。一般的にニキビは皮脂が多い事が原因とされていますが、実は乾燥が原因でニキビができる事もあります。

化粧水肌が乾燥するとバリア機能が低下し、毛穴が詰まりやすくなります。このつまりがニキビの原因となります。ニキビに悩む人は油分を嫌う人も多く、必要以上に洗顔をしたり、化粧水の後に油分をつけない人もいます。しかしこれではますます乾燥が進んでしまい、肌のバリア機能を下げる事になります。思春期の頃ニキビに悩んだ人ほどこの傾向が強く、ニキビケアは皮脂の排除が有効と頭ごなしに考えている人も多いです。

また普段メイクをする場合は、メイク落としにも気を使う必要があります。オイルタイプのメイク落としは手軽にメイクを落とせるため人気ですが、必要な皮脂も一緒に洗い流してしまう事があります。よく落ちるからと熱めのお湯で洗い流す事も過剰に皮脂を奪います。乾燥肌が気になる場合はクリームか乳液タイプのメイク落としを使い、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

最近は夏でも室内はエアコンで乾燥している事が多く、1年中乾燥肌に悩む人も増えています。外出先でも乾燥が気になったら乳液を薄く塗るなど、普段から肌を乾燥させない事もバリア機能の低下を防ぐ事に繋がります。

ニキビの原因

ニキビニキビの原因は幾つかありますが、どのニキビ肌にも共通しているのは、肌のバリア機能が低下している状態という事です。肌は本来、トラブルを起こさないための防衛機能を持っています。しかし何らかの理由でそのバリア機能が低下してしまうと、ニキビなど肌トラブルを招きます。

肌質は大きく分けて、脂性肌と乾燥肌に分かれます。どちらの肌タイプかによってニキビの原因は変わりますし、バリア機能を向上させる方法も変わります。自分がどちらの肌であるかは、朝起きた時に肌が乾燥しているか皮脂が多く出ているかで判断する事もできますし、日中皮脂が気になるか乾燥が気になるかで判断しても大丈夫です。

皮脂が可能に分泌される肌を脂性肌と言います。脂性肌は一般的にオイリー肌と呼ばれます。オイリー肌は日頃から皮脂が浮いたり、肌にべとつきがある肌質の事です。いわゆる思春期と呼ばれる年代に多い肌質ですが、思春期を過ぎた大人でもオイリー肌になる事はあります。しかしその理由は思春期の頃とは異なっていて、大人のオイリー肌は間違ったスキンケアによって作られている事もあります。

乾燥肌は名前の通り、水分や油分が不足して乾燥している状態の肌を言います。思春期を過ぎ大人になった女性に多く、年齢を重ねるほど肌の乾燥は進みやすくなります。また肌が乾燥すると肌の新陳代謝も悪くなり、水分を蓄えにくい肌質にもなります。それがバリア機能を低下させる一因にもなります。次のページでは脂性肌と乾燥肌それぞれのお手入れ方法を説明します。