乾燥肌のお手入れ

乾燥肌の人がバリア機能を向上させるには、とにかく保湿をする事です。洗顔後はすぐ化粧水で水分補給し、乳液やクリームなど油分のある化粧品で水分蒸発を防ぎます。一般的にニキビは皮脂が多い事が原因とされていますが、実は乾燥が原因でニキビができる事もあります。

化粧水肌が乾燥するとバリア機能が低下し、毛穴が詰まりやすくなります。このつまりがニキビの原因となります。ニキビに悩む人は油分を嫌う人も多く、必要以上に洗顔をしたり、化粧水の後に油分をつけない人もいます。しかしこれではますます乾燥が進んでしまい、肌のバリア機能を下げる事になります。思春期の頃ニキビに悩んだ人ほどこの傾向が強く、ニキビケアは皮脂の排除が有効と頭ごなしに考えている人も多いです。

また普段メイクをする場合は、メイク落としにも気を使う必要があります。オイルタイプのメイク落としは手軽にメイクを落とせるため人気ですが、必要な皮脂も一緒に洗い流してしまう事があります。よく落ちるからと熱めのお湯で洗い流す事も過剰に皮脂を奪います。乾燥肌が気になる場合はクリームか乳液タイプのメイク落としを使い、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

最近は夏でも室内はエアコンで乾燥している事が多く、1年中乾燥肌に悩む人も増えています。外出先でも乾燥が気になったら乳液を薄く塗るなど、普段から肌を乾燥させない事もバリア機能の低下を防ぐ事に繋がります。