脂性肌のお手入れ

オイリー肌の人が肌のバリア機能を高めるためには、まずは何故皮脂が過剰に分泌されるのかを突き止める必要があります。皮脂はニキビの原因になるとされていますから、悪いものだと捉える人も多いです。しかし皮脂は本来、肌表面を守るバリアでもあるのです。

洗顔肌は常に適度な油分が浮いている状態が望ましいとされています。問題なのは皮脂がある事ではなく、その量です。皮脂が過剰に分泌される原因は、大きく分けると年齢によるものスキンケアによるものに分類されます。

思春期でオイリー肌になっている場合は、とにかくこまめに洗顔をし、肌を清潔に保つ事です。しかし既に思春期を過ぎている場合は、洗顔のし過ぎが皮脂の過剰分泌を促している場合もあります。オイリー肌だと皮脂を悪いものと捉え、必要以上に洗顔をする事があります。

皮脂は肌を守るものですから、不足すると体は分泌しようと働きかけます。過剰な洗顔で必要な皮脂まで洗い流してしまうと、体は余計に皮脂を出します。これが皮脂の過剰分泌に繋がります。防ぐためには保湿が大切です。肌を乾燥させないよう水分をたっぷり補給し、蒸発を防ぐために乳液などの油分で肌に蓋をします。これでオイリー肌が改善され、肌のバリア機能も向上する可能性があります。